PR

クラウドワークスのプログラミング講座アンケートに心ひかれた人へ

在宅ワーク
記事内に広告が含まれている場合があります。

初めに誤解のないようお伝えしたいのですが、クラウドワークス は自分のスキルに合った正しい仕事を選んでいれば稼げる安全なクラウドソーシングサイトです。

今でこそそんなこと言えますけど、私かけだしワーカーだったときに、アンケート案件後のプログラミング講座の勧誘で20万円を支払ったことがあります。

無知って怖いね、というのもあるんですが、今思えば【その気にさせるようなしかけ】がいろいろとあったのですよ。

この記事では

「クラウドワークスの怪しいアンケートについて知りたい」

「単価の低いタスク案件をこなすのは疲れてきた」

「アンケート後に勧誘される情報商材…購入してもいいの?」

こんな人向けに書いています。

ちなみに先に結果を言ってしまうと、私は情報商材を買って稼げるようにはなりませんでした。

ただ、デタラメな内容ではなかったのが幸いでした。

このできごとをきっかけに、アンケートなどのタスク案件を大量にこなす働き方から、スキルを身につけて単価の高い案件をこなすという働き方にシフトできたのは事実です。

もしあなたが情報商材を買おうか迷っている、内容はどんな感じだったのか知りたいという人は読んでおいて損はしないと思います。

てらこ
てらこ

恥をしのんで書きました

クラウドワークスのプログラミング講座の実態

クラウドワークスのサイトで、ワーカーさんに向けてこんなアナウンスがあります。

アンケートの仕事をこなしている方は「あーあれね。」ってお分かりだと思います。

私も登録してスキルのない頃、アンケートもよくやっていました。

で、ちらほら見かけてたんですこういう感じの文面を。

要は「すでに完成しているプログラミング講座の内容を読んで、感想を1日1回書いて送ってね」っていうスキルのいらない簡単なアンケートでした。

一見すると、あやしい点は見あたらなさそうです。

「どこで20万円も支払っとんねん!」とつっこまれそうですね。

それでは【実録 私はこうして20万円を支払った】劇場の開幕~。

もっと稼ぎたいという心理をうまくついた方法だった

2020年ごろのお話です。

当時はワーカーとしてスキルも経験もなく、ライティングやアンケートなどのタスク仕事をもくもくとこなす日々。

とにかく量!って感じで疲れきっていました。

アンケートは1件うけたところで、報酬は良くて100円、200円です。

そんな小銭をかき集める毎日でした。

ライティングもなかなか文章が思いつきません。

500文字程度の文章も、やっとの思いで作成していました。

高単価な仕事をやりたくても、プログラミングやデザインなどはスキルのいる仕事ばかり。

スキルのない自分には到底できません。

てらこ
てらこ

私もしかしてずっと稼げないままなのかな?

しんどい、こんな状態から抜け出したい一心で、問題のアンケートをうけた気がします。

仕事をうけただけで、知識がついて報酬ももらえるというまさに一石二鳥!

当時はとても新鮮に感じられました。

てらこ
てらこ

一石二鳥まさに私の大好物

しかけポイント:初心者には損させませんよアピールをしてくる

見た目優良なクライアントだった

クライアントの評価も高評価が多く、かといって高評価だけではない星4とかもたまにありました。

特別あやしいところも見うけられなかったので、ひとつも疑うことなくアンケートの仕事に応募したんです。

仕事をうけてからの流れは、公式がアナウンスしている通りです。

少し違うのはLINEではなくクラウドワークス内で完結だったので、他のクライアントと同じように納品して終わり!って感じでした。

ますます疑う余地などありません。

不幸な身の上話から始まる講座内容

アンケートの講座内容は筆者の不幸な身の上話から始まり、今このように明るく生きられてるのはプログラミングのおかげ~うんたらかんたら(要約)

プログラミング講座と言っても、話の中でちょっと話題にふれるくらい。

主な中身は、筆者の不幸な身の上話から成りあがった人生逆転ストーリーでした。

  • ワーキングプアから抜け出せず苦悩していたこと
  • PC操作未経験でここまで稼ぐことができた
  • 知識を身に着けたら在宅や転職も夢じゃない

そんな内容を数日にわたり1ページづつ見て、感想をクライアントに送るのです。

でもこれが見せ方がうまいというか、ストーリー仕立てだから話が入ってきやすいんですよ。

スキルのない自分と何かリンクしたところがあったのでしょう。

実際アンケートや簡単なライティングしかできず、自分の稼ぐ限界を感じていましたから。

ただの主婦がWebデザイナーとかプログラマーに転身できたら夢があるなぁ。なんて。

パートに出ていくよりも、自宅で完結できる仕事に魅力を感じていたんです。

いつの間にか読むうちに、「早く続きが知りたい」と思うように。

しかけポイント:成り上がりストーリー仕立てでエッセイを読んでいるような感覚になる。

てらこ
てらこ

完全に乗せられている…

講座を特別価格での販売するとのお知らせが届く

講座アンケート最終日いつものように感想を書いて納品しました。

報酬もきちんと(少額ですが)出ています。

最後の納品をしてから、クライアントからこんなお知らせが届きます。

「アンケートをうけてくれた方だけにプログラミング講座を特別価格で販売します」

それは販売価格通常20万円の講座が特別価格で、半額の10万円になるという内容でした。

きちんとしたプログラミングスクールに通うならもっとお金がかかるでしょう。

その点この講座ならWebサイト作成の必要な知識を全て教えてくれ、1年間限りでしたが、分からないことがあればメールで聞き放題。

分かるまで付き合いますと書かれていました。

気になる講座のコースは2つあって、

  • 基本コース10万円
  • 基本補完コース20万円

がありました。

基本コースだけでも知識は身につくけれど、基本+補完コースの方がより深く学べて実際の案件の取り方も具体的に教えますとのことでした。

しかけポイント:20万円は高いけど半額の10万円なら安く感じてしまう。感覚がバグる。

チャンスは一度きりのメール内容で購入してしまう

てらこ
てらこ

スキルがないから稼げない→

じゃあ、スキルを身につければいいんだ!

このアンケート内ですっかりその気にさせられた私(チョロすぎ)はクライアントにメールをしたのでした。

返ってきたメールのリンクから恐る恐るサイトへ飛ぶと、「特別サイト」「1回限り」の文字が。

閉じてしまうと二度と見られないページだったんです。(現在同じリンクを踏んでも当時の販売ページにはたどりつけませんでした。)

しかけポイント:チャンスは1回しかないやり方で今決断をさせる

そして何より自分自信にお金をかける(=自己投資)重要性を熱く語っていたのが私の心に響きました。

これは浪費ではない。未来の自分への投資であると。

チョロい私はもちろん2つ目のコース(20万円)を購入しました

てらこ
てらこ

これで私もバリバリデキる女の仲間入りね~

しかけポイント:自分に投資したら理想の自分になれると思わせる

夢中で勉強しながら…目が覚めた理由

書店に内容そっくりな本があったんです…。

運よくその本に出会えたからよかったですが、もし出会わなかったら追加でWebデザインの講座も受けようかと思ってましたから。

てらこ
てらこ

格好のカモだぜぃ

目が覚めるまでの経緯は以下↓

20万円の元を取るぞと(分割ですが)はりきって講座のとおりにマジメに勉強していました。

けっこう講座内容も進み、あるところでどうしても見本通りにならないという問題が出てきたんです。

もちろん私はメールで聞きました。

てらこ
てらこ

正しく結果が反映されないのですが

コードの間違いはないか見てくれませんか?

すぐに返事が来ました。

スタッフ「それで合ってますよ。ファイル保存が正しくできていないかもしれません。」

てらこ
てらこ

言われたとおりにしたのですが、変化がないです。

ネットで似たような質問を参考にその通りにやってみました。

このやり方だと大丈夫なのですが、次に〇〇の問題が出てきました。

スタッフ「こちらで確認しますんで、ファイル一式を送付してください。」

てらこ
てらこ

ファイルを送付します

スタッフ「原因特定まで時間がかかります。しばらくお待ちください。」

-2週間待つ-

てらこ
てらこ

その後お返事を待ってるんですが。

2週間経ちましたけど。

ス「確認いたします。」

音 沙 汰 な し

てらこ
てらこ

分かるまで付き合うんじゃなかったんかい

私の学習熱は急激に冷めていきました――

そして極めつけが先ほどのWebサイト作成の本との出会いです。

何気なくパラパラとめくっていると、

てらこ
てらこ

分かりやすいなこれ。

ベストセラーか。

そんなことより、あれ?何か見覚えがあるな…。

てらこ
てらこ

あぁぁぁぁぁーーーーっ!!!

内容はほぼ私が受講した講座とそっくりでした。

講座は20万円(よりによって高い方を買った)、本は3000円程度です。

普通にパクってるよね?

私アホじゃん…。高い授業料でした。

怪しいプログラミング講座からわかったこと

こんなにカモられてさぞかし損しかないのでは?と皆さんは思われたでしょう。

損でした。ええ。でも悪いことだらけではなかったです。

自分に投資するという考えを知れた

おかげさまで、自分自身に投資するという考え方を知ることができました。

たとえば子どもの教育にお金をかけるのは、その子の将来性を買っているからですよね。

それは親の自分もよく分かります。

ただ、自分自身のためにお金をかけるということに意識がありませんでした。

今までは自分のできることから仕事を選ぶしかないっていう考え方だったから。

でもこの件を通して主婦の自分でもこれからのキャリアアップにお金をかけていいんだっていう考え方を知れたんです。

これは目からウロコでした。

Webサイト作成に役に立った

私が購入したのはプログラミング講座だったのですが、その知識はデタラメではなかったので、現在ワードプレスでブログを書くのに役に立っています。

奇跡ですがクラウドワークス で1回だけ仕事もとることができて報酬ももらえました。

低額でしたけど、学んだ自分のスキルは本物だったことが実感できてうれしかったです。

これを機に大量の作業をこなすスタイルからスキルを身に着けて働くというスタイルにシフトしていきました。

てらこ
てらこ

結果オーライになってますが

スッキリしない

誰の教えを乞うかが重要

情報商材を買う買わないではなく、誰の教えを乞うのかというのはとても重要です。

ネットワークビジネスをよく知らなかった私は、情報商材の内容を実践することで自分が将来デキる主婦になれると思っていたんです。

でも、肝心のメンター(講師)が質問の途中で音信不通になるのは想像していませんでした。

このことから情報商材の良しあしではなく、それを売っている人の方をよく見なければいけないということを学びました。

まとめ:その人は本当に信頼できるメンターですか?

ここまで読んでいただいたあなたにお聞きします。

それでも講座アンケートを受注しますか?

アンケートに答えるうちにその気にさせられて、クライアントに畳みかけるように勧誘されたいですか?

クラウドワークスの公式が注意喚起してくれるにも関わらず、わざわざ受注するメリットはないはずです。

特にネットやSNS上は色んな自称メンターがわんさかいます。

その人たちは本当にその道のプロなのか私たちは知るよしもありません。

ネット上なら実績なんていいように何でも書けますし。

情報商材が全て悪とは言えませんが、当時の無知だった私は20万円の大金を、よく考えもせず怪しいメンターに支払ったんです。

てらこ
てらこ

よく支払ったもんだ

同じお金を払うなら、もう少し頑張ってお金を上乗せして、身元がしっかりしているプログラミングスクールで教えてもらうべきだったと今なら思います。

それでも情報商材が気になる…というあなたは、せめて実績ぐらいネットで調べましょう

調べても出てこないとか、怪しい口コミならお金を払う価値もありませんよ。

もし、気になるメンターの実績が見つけられなければ、プログラミングスクール【WEBCAMP】 で、学習の雰囲気を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

【WEBCAMP】なら、受講前に無料カウンセリングも無料体験もできます。

プログラミングスクールなら、自分に都合が悪くなると一方的に連絡を絶つなんてことはしませんから安心して質問できますね。

\無料カウンセリングできます/