PR

転勤族妻に向いてるオープニングスタッフの仕事 4ヶ月後に引っ越しでも働けた理由

転勤族の妻こそオープニングスタッフで働こう 転妻のおしごと
記事内に広告が含まれている場合があります。

働く転勤族の奥様はどんなお仕事されてますか?

いろんな働き方ができる現代。

在宅ワークもいいけど、転勤族の妻だってたまには外に働きに出てみたい。

てらこ
てらこ

転妻はいろいろと大変

この記事は

転勤族の妻だけど働きに出たい人

子持ちでも採用されやすい仕事を探している人

オープニングスタッフの体験談を知りたい人

向けに書きました。

ちなみに私が応募したのは小売店のオープニングスタッフの仕事です。

仕事内容は何もないフロアに商品をひたすら陳列するというものです。

どうして間近に引っ越しを控えた転妻でも採用されたのか?

それはオープニングスタッフに求められる役割にハマっていたから。

  • 短期間で大量採用する必要がある
  • 単純作業要員が欲しい
  • 店舗立ち上げ要因なので短期間いてくれたらいい

私も稼ごうと必死ですが、向こうもオープンに間に合わせようと必死です。

必死同士が出会ったので採用にいたったのだと思ってます。

転勤族の妻なら、ねらい目はオープニングスタッフです。

\ここでも探せます/

シゴトin

応募から面接までの流れ

新天地での生活にも慣れ、1年半が経とうとしたころ突然の辞令がやってきました。

当時は上の子が小学校の修学旅行と卒業式を控えていたので、一緒にすぐ転勤というわけにはいきませんでした。

やむなく夫が先に転勤先に行くことに。約半年のプチ単身赴任生活です。

家事が手抜きできると気づき、ものすごいスピードでスボラに。

一方で二重生活のため、お金が減っていくのもものすごいスピード。

通帳を見るたびにハラハラしながら、「早く働かないとヤバい」と焦ってばかり。

そんなこんなでポストにはさまっていたチラシ広告に目が留まりました。

「新規店舗オープンにつきオープニングスタッフ募集」

短期間の勤務ができるらしく、休みも取りやすい。

チラシを見てもうこれは行くしかない。と即決です。

実は応募したのは転勤があと4か月後に迫っている時期でした。

当時は採用されるかどうかなんて頭の中にはなかったです。

恐ろしい決断力。

応募はウェブサイトから

最近は何でもウェブサイトから応募なのですね。

夜でも気軽に応募できる便利な世の中です。

さっそく必要事項を入力して送信。

その後面接の詳細メールが返ってきます。

履歴書はタウンワークの履歴書テンプレートから流用したもので、パソコンで作った簡素なものでしたが問題ありませんでした。

印刷はコンビニでできるので、自宅にプリンターがなくても大丈夫。

てらこ
てらこ

パソコンなら書いては消しが楽ちんだからいいね!

パート面接といえどもビジネスカジュアル

パートといえどもそれなりの格好で臨みました。

いわゆるビジネスカジュアルです。

ザ・これで文句ないだろうパート面接スタイル

上は白の長袖シャツ、下はグレーのテーパードパンツ、黒パンプスです。

10月中頃の面接だったので寒くもなく暑くもなくでちょうどよかったです。

寒がりさんなら上にカーディガンを羽織ればちょうどいい感じになりますよ。

採用面接はありのままを答えました

普通の面接と同じように、1対1でマネージャーさんと面接しました。

  • 子どもがいるので休みがちになるかもしれない
  • 転勤族で4ヶ月後には県外に引っ越す
  • 長年専業主婦でブランクあり

以上のことを事前に伝えていましたし、履歴書にも書いていました。

こうしてリストアップしてみると普通なら不採用フラグ立ちまくりですが、問題なかったです。

これなら転妻さんでも気がねなく応募できます。

性格検査がありました

マークシート式で50問くらいの自分の性格や仕事に関する考え方についてのものでした。

設問は表現を変えて同じようなものがありました。

ここでええかっこしいの回答はせず、めちゃ正直に直感で答えました。

というか時間内に終わるためには直感でないと時間が足りないのです…。

全体的にネガティブな選択肢(心配性、大人しい感じ)を選んでしまったので、もしかしたら不採用かな?と思ったんですが、無事採用されました。

どうやら性格を見ているのではなく、回答が矛盾していないかどうかを見ているようです。

同じような性格の方ご安心ください。

期間別の勤務内容を紹介

合否の結果は1週間以内にメールでとのことだったので、待つこと数日。

3日ほどで合格の結果が届きました。

ついに私もオープニングスタッフとして働けます。

てらこ
てらこ

待っている間はとても長い時間のように感じられました

小売店の店舗設営の仕事内容はこんな感じです。

店舗設営〜オープン前

棚以外なーんもないフロアにスタッフ集合。

何もないとすごく広く感じます!

トラックから荷出し&売り場まで運びます。何往復も。これがきつい。

冬なのに汗だくでした。半袖でも暑いくらい。

棚割たなわりひょう(商品を置く位置が書かれた設計図みたいなもの)を見ながらひたすら商品陳列&プライスカードを置く&見本品の売り場づくり。

なので考える必要はなし。

1個1個は普通の商品なのに、キレイにディスプレイされると途端におしゃれに見える。商品ってすごい。

お客さんはいないので話しかけられることもなくひたすら没頭できる作業でした。

陳列しながらさり気なく商品チェックもできちゃいます。

てらこ
てらこ

この小物かわいい~なんて思ったりして

ある程度形になったらフロアに案内標識を設置、各棚に何があるかの表示、刃物や突起など危険な陳列は怪我のないように固定したりしました。

陳列以外に細かい作業があり、店作りって大変だなーと思いながらやってました。

オープン後

何もなかった空間がようやくお店らしくなり、オープンを控えて後から判明したこと。

オープン後の店舗運営…つまり接客です。

てらこ
てらこ

えー聞いてない!そんなこと契約に書いてなかった気がするんだけどな

でも2ヶ月の契約だし、高時給だし辞めるにはもったいない。

ということで私同様同じように思っていたほとんどの人がオープン後も契約期間まで働いてました。

一方でやはり契約にない、とのことで怒って辞めた人もいました。

する/しないの線引をキッチリされててすごいなと思いました。

私を含め大半の人はなあなあで働き続けていたので。

てらこ
てらこ

あんな風にできないよ私(小心者)

契約終了後は引き留めもある

私は面接のときに転勤で引っ越すことを事前に伝えていたので、引き留めはありませんでした。

契約期間が終わったあとも、引き続き働くことを選んだ人もいました。

時給は長期雇用の人と一緒の扱いになるため下がるようです。

次は〇〇町のオープニングに応募するかーとオープニングを渡り歩く猛者もいました。

上手くやれば稼ぎやすいです。

転勤族の妻ならオープニングスタッフで働くべき4つの理由

オープニングスタッフで働いてみて気づいたことがあります。

  • 時給が高め
  • みんなゼロからのスタート
  • 勤務期間が決まっている
  • 転勤族でも採用される

なんか大変そう…って思う以上に私にはメリットしかなかったです。

時給が高め

とにかく短時間で人を集めなければいけないので、時給はその地域では破格の値段なことが多いです。

当時住んでいた県のパート時給が軒並み900円台前後だったのに対して、私が応募したパートの時給は何と1260円

私が大学生のときでもこんな時給もらえなかったよ。ありがたや、ありがたや。

みんなゼロからのスタート

オープニングスタッフなのでもちろんみんなゼロからの出発です。

必要なことは会社の研修でみっちり教えてもらえるので大丈夫。

スキルのない私も大助かり。というか商品陳列にスキルも何もない。

接客中分からないことを聞かれたらパート同士で「ここはこうじゃない?」「あの商品は◯番の棚にあったよ!」とか助け合ってました。

自然と連帯感がわきます。

勤務期間が決まっている

オープニングスタッフ=店舗立ち上げ要因なので、店舗運営がある程度軌道に乗る3ヶ月くらいで契約が終了することが多いです。

契約期間が短く、契約終了日でおしまいなので働きやすかったです。

ちなみに私は2ヶ月間の契約でした。

てらこ
てらこ

退職日や引継ぎを気にしなくていいのが良かったです

転勤族でも採用される

会社側はオープン日に間に合わせなければいけません。

なので基本大量採用です。

私のような転勤族の妻でもあっさり採用でした。

中途採用のように、これまでのキャリアや志望理由を追及されることもなかったです。

会社側はどれくらいの時間働けるかだけを気にしていますので。

まとめ:短期間のオープニングスタッフ求人は穴場です

学生時代にもオープニングスタッフで飲食店でアルバイトしてたんです。

時給は830円くらいでした。

15~20年前くらいのことなので当然ですが、いまこんなにオープニングの時給高いのか!!ってビックリしてます。

当時オープニングスタッフってだけで普段の時給より多くもらえたかな?

多分一緒だったような気がします。

これくらい時給上げないと集まらないくらい今は人手不足なんでしょうね。

だからこそ転妻の皆さん、短期のオープニングスタッフ求人は要チェックですよ!

見つけたら勇気を出して飛び込んでみて下さい。

\さっそく探してみよう/

シゴトin