PR

トイレが近い子どもの負担を減らす3対策 心因性頻尿の長距離移動でも大成功

車の長距離移動 トイレが近い子どもの負担を減らすには? 子どものこと
記事内に広告が含まれている場合があります。

子どもが心因性頻尿(メンタルからくる頻尿)のときに、引っ越しで3時間ほど車移動することになりました。

長時間の車移動。高速道路も通るし、果たして無事に転勤先にたどり着くの?

子どもはドキドキ。親はハラハラ。

旅行など好きこのんで行く長距離移動とは違い、転勤族の引っ越しですから行かないという選択肢はありません。

トイレが近いから旅行やおでかけはできなくても、引っ越しを止めることはできないのです。

さて困った。子どもの負担を減らす方法はないものか。

そこで試行錯誤しながら実践した方法を3つ紹介します。

引っ越しの車移動 トイレが近い子どもの負担を減らす3つの対策

夫と話し合い、実際にやったのが以下の3つ。

  • DVDプレーヤーをつけた
  • 携帯トイレ・パッドを用意
  • 夜間に移動した

くわしく説明しますね。

ヘッドレストに2つDVDプレーヤーをつけた

装着したところ

一つ目はDVDプレーヤーを2つヘッドレストにつけました。

というのも子どもがDVD見てるときの集中力ってすごいから。

これってもしかして気が紛れていいかも?と思ったんです。

わが家は軽自動車ユーザーなので、TVモニターは前の一カ所しかありません。

しかも移動中はDVDは見られない仕様。これでは役に立たないと、ヘッドレストに装着できるDVDプレーヤーを購入。

\違うDVDが見れるからケンカいらず/

このDVDプレーヤー、ネジいらずで取付カンタン。

ただ角度が変えられないのと、高さ調節がコツがいるのが難点。

あと真夏の高温の車内では、DVDプレーヤーは取り外したほうがいいのでそれが手間ですね。

メリットは2つ入りなので、子どもが二人でもお互い見たいDVDが見れるからケンカしなくてすみました。

とにかく気が紛れたらそれで良し。この選択は大当たりでした。

スマホやタブレットならたぶん「よく見えない」「これが見たい」「そっちばっかり見たいの見てズルい」ともめるハメになったことでしょう。

しかも下向きになりがちなスマホ・タブレットよりも、目線が前を向くヘッドレストDVDプレーヤーなら、車酔いしにくいメリットがあったのでよかったです。

携帯トイレ・パッドを常備した

二つ目は携帯トイレと下着につける尿取りパッドを用意しました。

うまく使うコツは、尿取りパッドに1回実際にさせてみること。これが大事です。

メンタルの問題なら、尿意があっても実際大量には出ないはず。

わが子は下着に影響がないと自分の目で確かめて納得したのか、「これがあれば大丈夫かも」と少し自信になったようです。

「大丈夫、心配いらないよ」って言葉で完全に理解させるのは難しいので、実際にさせてみたのが効果アリでした。

ウソだと思うけど、ホントの話。

小学生くらいの子どもさんなら小さめのサイズがオススメ。

「大きいほうが何かと安心かな?」と思って普通サイズを用意したら、下着よりパッドの方が大きくて使いづらかったようです。

携帯トイレと一緒に車の中に常備しておくとお子さんも安心すると思います。

携帯トイレを使い切ったときも、パッドで代用できますからね。

夜間に移動した

3つ目は夜間に車移動したこと。

2月末という引っ越しのハイシーズンだったこともあり、引っ越し屋さんの都合で夕方からの搬出~翌日朝の受け入れというスケジュールでした。

「夜かぁ…何かバタバタして嫌だなぁ。」と思っていたのですが、わが家の現状だとこれがかえってメリットになりました。

DVDも携帯トイレもパッドも用意して、結局のところ車移動で眠りこけていたわが子。

引っ越しのバタバタで疲れて眠ってしまったので、何とか長距離移動することができました。

まとめ:不安要素は少しでもつぶしていこう

できることを3つ紹介しました。

不安要素は少しでもなくして、無事に目的地に着くことだけを考える。

まぁ結局のところ、寝てくれた間に目的地に着いたというのが大きかったんですけどね。

心因性頻尿って本人が一番辛いのですが、見ているこっちも辛くなってきます。

今回は引っ越しという転勤族には避けては通れない出来事だったので、夫と一緒に考えに考えてこのアイデアを思いつきました。

何よりも夜熟睡できていない子どもが「いつの間にか寝てた!」って言ってくれたのがとても嬉しかったです。

この記事が同じような問題を抱えているかたの助けになれたらと思います。