PR

コメリのこたつしらゆりシリーズは3サイズ展開 家族4人なら幅120センチがおすすめ

12帖賃貸リビングでこたつ生活 賃貸ぐらし
記事内に広告が含まれている場合があります。

寒くなると恋しくなるのがこたつ

正方形の小さいこたつありますよね?

私も一人暮らししていたときから愛用していました。

月日は流れ、結婚して家族4人になってからも、小さいこたつを長いこと使っていました。

でも家族4人で正方形のこたつはせますぎる。

全員がわれ先にと入ると、テーブルが浮いてしまいます。

古いし全員入れないから、これを機に大きいサイズへ買いなおすことにしました。

最近はいろんな種類のこたつが販売されてますね。

せまい賃貸生活だと、部屋の広さも考慮して買わなきゃいけません。

わが家の12帖ほどの賃貸リビングでも家族4人が入れるこたつを探すことに。

いろいろ見て結局購入したのは【しらゆり NM-120(NA)】(協立工芸)というこたつなのですが、これがよかった。

  • 脚の長さが調節できる
  • 天板にコンセントを収納できる
  • 組み立て簡単ドライバーつき
  • サイズ展開が3種類
幅×奥行×高さ(天板)
NM-120(NA)120×80×36(41)センチ
NM-150(NA)150×85×36(41)センチ
NM-180(NA)180×90×36(41)センチ
こたつ「しらゆり」寸法表

コメリのこたつしらゆりシリーズはここでも買える

コメリのネットショップはもちろんなんですが、Jenix(ジェニックス) リビングこたつ しらゆり 幅120cmタイプ ナチュラル KSK-120(NA)

他のサイトだと‎カンナのブランドで販売しています。

欲しいサイズやカラーがないときは、こちらもチェックしてみてくださいね。

こたつ しらゆりNM-120(NA)の特徴

今回買ったしらゆりっていうこたつ。

大きさはNM-120(NA)の120×80×36センチのタイプです。

3サイズ展開してるので、リビングの広さや家族構成に合わせて買えるのがいいですね。

わが家は当時の賃貸リビング(約12帖)に合わせて120センチのサイズを選びました。

これなら家族4人でも入れる。

でもみんながこたつに寝っ転がるとやっぱり浮き上がる。

ドライバーがついている

いざ買って帰ると、少し組み立てる必要があったんです。

でも組み立て用のドライバーがついてるから心配はいりません。

付属ドライバー
ドライバーがついている

組み立てるといっても脚の部分の取りつけなんで、力はいらないしすぐできます。

脚が調節できる

こたつの脚
下の切れ込み部分が継ぎ脚です

このこたつは脚をかさ上げできる【継ぎ脚】がついているのが特徴。

高さは5センチほど。

これを付属のドライバーで取りつけると、高さが変更できます。

わが家は座いすヘビーユーザーのため、かさ上げはマストです。

座いすといっしょ
座いすに座っても余裕ある高さ

こたつで横になるときも、腰をひっかけずにストレスフリーで寝がえり可能。

てらこ
てらこ

こたつで寝るって最高

継ぎ脚地味に役に立つ。

買ってからつけっぱなしにしてます。

電子コントローラーは天板に収納できる

電子コントローラーっていうのは、こたつヒーターのあったかさ加減を調節するアレです。

天板をとりはずすとこんな感じ。

こたつ本体

結構スカスカ感あるけど、とくに困ることはありません。

オフシーズンは天板下のスペースに、電子コントローラーを保管できます。

スッキリしてていいですね。

天板固定ネジがちょっと難しいぞ

こたつ布団を使わない時期は、天板を2か所ネジで固定するんですが、ちょっとコツがいります。

けっこうネジネジしたなと思っても、ガタついてネジがポロっと落ちたりする。

ギューギューでもダメな時があって、これのさじ加減が難しいです。

ネジをしめた状態
きれいにはまりました
てらこ
てらこ

慣れるまで少しとまどった

サイドのデザインが変わってる

波打つデザイン

波打つような変わったデザインです。

最初何これ?って思ってたけど、気にならなくなりました。

このデザインの理由は分かりませんが、そんなの使っているうちに気にならなくなるから大丈夫です。

最近はおしゃれなデザインも増えてきましたね。

だからこの謎の波打つデザインもおしゃれに…見えてこないか。

こたつを買ったらセットで買いたいものたち

こたつテーブルだけじゃ当然役に立たないので、こたつ布団とカーペットも合わせて購入しました。

ブラウン系カラーなら寒い時期でもあったかく感じられて、汚れも目立ちにくいのに気づき、われながらナイスと思ってます。

こたつがNM-120(NA)ならこたつ布団は190×240センチがおすすめ

こたつを買ったらこたつ布団もいるでしょ、ということでブラウンとベージュの暖かそうなやつも買いました。

ブラウンのダマスク柄
190×240センチのサイズです

店頭でディスプレイされてたのが目に入って、そのままマネキン買いしてしまったのです。

てらこ
てらこ

チョロいのよ私って

数年使ってるのでくたびれてますが、これ一つだけであったかいです。

こたつ掛布団裏面
裏は無地

次も買いなおすなら一枚で使えるタイプのこたつ布団がいいです。

洗濯も楽だし。

てらこ
てらこ

汚れが目立ちにくい

ブラウン系カラーおすすめです

カーペットも190×240センチのブラウン系でまとめるといい感じ

カーペットは190×240サイズのやつがちょうどよかったのでそれも購入。

敷布団

ブラウン系で統一したので、それだけで部屋が暖かくなったように感じます。

裏にゴムがついていて、お手持ちのラグやカーペットと合わせて使えます。

敷布団裏

使用感がキテますねぇ。洗濯をくり返して毛玉ができてます。

でも裏を返せば何年も使えます。何より洗濯できるかどうかは大事ですから。

そのまま使っても大丈夫ですが、ホットカーペットとの合わせ技でさらに温かくなります。

てらこ
てらこ

数年前の商品だから

同じのがない!

似たようなのないかな?

まとめ:12帖賃貸リビングでも活躍中

それから何度も引っ越しをくり返し、現在のおよそ12帖賃貸リビングに鎮座しています。

12帖ほどのリビングですが、幅120センチのこたつを置いても圧迫感はありません。家族4人問題なく入れます。

かさ上げができるタイプだと、座椅子も使いやすくなるのでソファー代わりになります。

隣には4人がけのダイニングテーブルも余裕で置けます。置いてます。

賃貸マンションはこたついらないなんてそんなことはないです。

それに、こたつあるとないとではやっぱり体感温度全然ちがいますよ。

こたつの電源点けずに、足を入れるだけでも暖かい。

わが家はこたつがあるおかげで、冬のエアコンの出番はほとんどありません

てらこ
てらこ

こたつ生活なら

冬でも電気代の心配はいらないです

本当にこたつさまさま。

これからもこたつユーザーであり続けます。