PR

メルカリズボン(パンツ)採寸 ウエストサイズだけでは買われにくい

フリマアプリ
記事内に広告が含まれている場合があります。

メルカリ売れてますか?

着なくなった服や飽きた服の処分にうってつけですよね。

以前の記事でデニムパンツをよく売ることがあると言及したんですが↓

今回はパンツを上手く売るための採寸について記事を書きました。

パンツが上手く売れない方は、採寸を見直すといいですよ。

メルカリでパンツ出品するならきちんと採寸しよう

メルカリは試着できないという点を頭に入れておきましょう。

気に入ったパンツにサイズが記載されていないのだから、購入者は出品者にサイズを確認するのは自然なことですよね。

あなたは店頭でサイズを確認せずにパンツを買いますか?

少なくともタグを確認して、なるべく試着して購入すると思います。

メルカリでは↑の項目をすっとばして購入につなげなければなりません。

そのためにはサイズ採寸がキモになります。

売れ行きに関わる

サイズを記載せず出品するのは売れ行きに関わります。

試着ができないので当然ですね。

いいねがいっぱいつくのに一向に売れなかったけど、サイズを記載するとあっさり売れるということも珍しくありません。

安く売ってるのだから、サイズまで聞かれるの面倒…と言う方にはそもそもパンツを売るのは向いてないです。

むしろ採寸のいらない本を売ってみるのがカンタンですね。

コメントの嵐になる

採寸が面倒だからと、そのまま出品したとします。

サイズを記載していないので、当然サイズに関する質問がきます。

そういったコメント欄を見たことはありませんか?

コメントが来るたびに、わざわざ採寸して回答しなければなりません。

はっきり言って、そっちの方が面倒だと思うのです。

最初から採寸して記載すると、こういったコメントは来なくなります。

タグの情報を信用しない

タグの画像を公開しているパターンも見ます。

タグにはMサイズとか、ウエスト64~66センチとかざっくりしたサイズしか書かれていません。

それに、メーカーによってサイズ感はまちまちです。

ましてや〇インチとか言われても、「それって結局何センチ?」になりませんか?

タグにMサイズだから履けると思って買ったのに、小さくて履けなかったから返品したいとか(厳密には返品理由になるかどうかは?ですが)、評価を下げられるということもあり得ます。

余計な手間や心配を増やす前に事前に採寸しておきましょう。

身長公開はあてにならない

たまに身長を公開している出品者さんを見かけますが、あてになりません。

同じ身長でも体形は違います。

「身長160センチの私はちょうどよかった」、「くるぶしまでの丈感」といったサイズ感をうのみにしてませんか?

足が長い人もいれば、そうでない人もいます。

身長160センチの人がみんなMサイズを着ているわけではないのです。

特にパンツは体形の差が出やすいアイテム。

サイズ感といったふんわりした説明ではなく、しっかり採寸して実際の数字を提示しましょう。

パンツはどこを採寸すべき?

厳密にいえば、採寸した方がいい箇所はたくさんあるのですが、まずは以下の

  • ウエスト
  • ヒップ
  • 股上
  • 股下

4ヶ所を記載しましょう。

メルカリの出品画面にもこの4つが入力できる項目があります。

ウエスト/ヒップ/股上/股下記入欄

ということは、出品したらよく聞かれる箇所なんだなということが分かりますね。

それ以外は、聞かれた時に答えるといった感じでOK。

それに加えて

  • ストレッチのあり/なし(ありなら多少の採寸の誤差はカバーできる)
  • 裏地があり/なし(透け感があるかどうか)
  • ポケットの数(飾りでついているだけのポケットかどうか)

をあらかじめ説明文に書いておけば丁寧で分かりやすいです。

ウエスト

タグに記載の数字ではなく、実際のサイズを測って記載したほうがいいです。

平置きサイズにするというのがポイントです。

平置きサイズにすることで、手持ちのパンツと比較することができます。

ちなみに平置きサイズ×2がウエストサイズになります。

ヒップ

どの辺がヒップ位置なのか迷ってしまいそうですが、ジッパーの一番下あたりを横一直線に測るといいです。

こちらも平置きサイズにしたほうが、手持ちと比較しやすくてオススメです。

股上

股の縫い目の所から上に向かった部分が股上のサイズになります。

股上が小さければローライズ(腰履き気味)に、大きければハイライズ(ウエストで履く感じ)のパンツだということが想像できますね。

股下

股上と同じように、股の縫い目から裾までの下に向かった部分です。

丈の長さだけでは実は履いた感じは分からないのです。

なので股上股下が分かるとパンツの丈が分かりやすくなります。

裾直ししているならそのことも記載しておきましょう。

股上はウエストと同じくらい採寸重要ポイント

私はパンツをメルカリで買うときは、ウエストサイズと股上サイズもよく確認するようにしています。

というのも私以前はウエストサイズが問題なくて購入した場合でも、実際履くと「あれ?何か背中が出るなぁ」ということがよくあったからです。

ローライズとハイライズ

なので出品の時は股上も記載すると、イメージがつかみやすくなってさらにいい感じです。

股上に注目することで購入の時の失敗はかなり減ります。

てらこ
てらこ

私もうハイライズしか履けない

まとめ:買うか買わないかを決めるだけにしておくのが理想

ここまでで、採寸した方が売れやすくなる理由がお分かりになったと思います。

こちらから出せる情報は出し尽くして、あとは購入者さんが買う/買わないを決めるだけの状態にしておくことが理想ですね。

もしそれでもコメントが来るとお悩みなら、説明欄に一言、

「説明欄にすでに記載した内容については返信しません」

と書いておくと良いです。

メルカリばかりに張り付いていられませんし、何よりコメントしない罪悪感も少しは和らぐと思います。

商品情報は出し惜しみせず、積極的に公開していきましょう!