PR

広島銀行を県外で口座解約 転勤族を悩ませる増える通帳を解決しよう

ライフスタイル
記事内に広告が含まれている場合があります。

わが家は転勤するごとに地銀の口座を作ることが多いです。

幼稚園、学校関係の校納金などでそのつど作っていた感じです。

おまけに印鑑も口座ごとに用意していました。当然かさばります。(途中から面倒になってやめたけど)

で、また転勤になって今まで作った通帳はほったらかしになります。

残高は数百円〜千円の大したことない額ですけどね。

この増えていく通帳なんとかしなければ…!

ひろぎん口座解約の必要なものは?

まず知っておきたい、ひろぎん口座解約に必要なものは以下の通り。

  • ひろぎんの通帳
  • 現住所の分かる身分証
  • 口座解約後の振込先の分かるもの(私の場合はゆうちょの通帳)
  • 印鑑

カスタマーセンターに問い合わせたときに教えてもらいました。

ひろぎんはATM手数料が高い

独身時代私は広島にいたのでメイン口座はひろぎんでした。

結婚して転勤族になってからは使わずじまいです。

それから長らく定職についてなかった私。

現在の自分のメイン口座(ゆうちょ)の残高が悲惨な状態だったので、当時使っていたひろぎんからちょいちょいお金をおろしてゆうちょに入金してました。

県外に出れば支店はなく、当然ATMはコンビニだけ。

ひろぎんのコンビニATM手数料110円(平日の昼間)と3万円以上のひろぎん以外の口座送金料550円で手数料が660円となかなかの額です。

てらこ
てらこ

こんなに取るの〜?

お金がピンチになるたびにこのやり方で入金するので手数料もそのたび取られてイライラ。

出金の時間帯を選んでこれだから、「もうメイン口座のゆうちょに一気に入金したい!」となったわけです。

ひろぎん口座解約について

最初に言っておきますが、こんなに遠回りせずにさっさとカスタマーセンターに電話するべきでした。

なるべく家から出ずに、ネットでさくっと済ませたいというズボラ思考がそうさせています。

ネットで解約はできない

この表を見る限り、ネットで口座解約は受け付けていないようです。

引用:広島銀行ホームページ

幸いにも、口座をつくった支店でなくても最寄りの支店で解約はできるとのことでした。

私は運よく現在の居住地に支店がありましたが、これ最寄りに支店がなかったらと思うと…。

メインバンクに残高が移せないと死活問題ですわりと。

アプリで解約もできない

ひろぎんはアプリもあります。

てらこ
てらこ

アプリからまるっと送金できないかな?

基本情報を入力していざ送金!え?できないの?

支店へ行って手続きしてくれという内容のエラーが出ました。

ムダな努力だったようです…。

カスタマーセンターで聞いた

最後の手段、ひろぎんのサービス窓口に電話します。

結局電話で直接聞くのが早い。

てらこ
てらこ

最初からそうすべきだった

電話がつながったので、口座を解約したいと告げます。

現在の居住地から最寄りの支店を案内してくれました。

さらに最寄り支店にカスタマーセンターから連絡してくれて、解約手続きの予約までとりつけてくれました。これはありがたいです。

このときに持参物も教えていただきました。

支店に行って解約できました

あとは予約の日時に支店へレッツゴーするだけです。

来店予約させるから、さぞ混んでて待たされるのかと思っていましたが、行ったらお客さん私一人。

てらこ
てらこ

行員さんの目線が何か気まずい…

何だかんだで無事解約。手数料少しとられました(いくらか忘れた)。

でもそんなことはどうでもいいのです。

もうせかせかコンビニATMから出金しなくていいから。うふふ。

後日ちゃんとゆうちょアプリで入金確認できました。

首の皮がつながりました。よかったよかった。

お世話になりましたひろぎんさん。

まとめ:ひろぎんの口座解約は転勤前に忘れずにやろう

今回の解約は支店に出向く必要があったので、これから使わないであろう口座は転勤前に解約したほうが手間がかからないなと思いました。

県外に行って支店がない!ってなると解約がかなり面倒になります。

休眠預金等活用法という法律があり、2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引のない預金は休眠預金の扱いになります。

休眠預金になっても、預金が取り出せなくなるわけではありませんのでその点はご心配なく。

ただ休眠預金になるとATMではなく窓口でのやり取りになるので、転勤族ならなるべくそうならないようにはしたいですね。

面倒な気持ちが勝ってしまうので、解約はつい後回ししてしまいがち。

その結果、預金数百円の通帳がたまりにたまるという結果になるのです…。

てらこ
てらこ

通帳じゃなくてお金ためよう

これを機に夫の口座も少しずつ整理しないといけないなーと思いました。