PR

引っ越しの心付けはいつ渡す? お金以外で渡したいなら飲み物もアリ!

引っ越しの心付けいつ渡す? 賃貸ぐらし
記事内に広告が含まれている場合があります。

引っ越しっていつやっても忙しいですよね。

要らないものを捨てて、荷造りをして、掃除して…。

あとはアレを用意するだけ。

アレって何…?

そう、引っ越しスタッフさんに渡す心付け(お礼のお金)です。

心付けなんてただ渡しときゃーいいんでしょ、ではないんですね。

今回はわが家が行っている心付けのコツを記事にしてみました。

引っ越しの心付けはいつ渡す? スムーズな渡し方は?

心付けは引っ越し作業前に渡すのがベストです。

スムーズに渡すには、あらかじめ人数を確認→人数分のお金を封筒に入れて用意しておくのがコツ。

事前にスタッフの人数を把握しておく

引っ越しの事前連絡で、当日のスタッフさんの人数を聞いておきましょう。

親切な業者さんだと、向こうの方から「当日は〇人で作業いたします」などと教えてくれます。

人数を聞くのは全く失礼な質問ではないので、安心してくださいね。

人数が分かれば事前に準備することができるので、当日慌てる心配もありません。

相場は一人1000円 封筒に入れて用意しておく

当日のスタッフさんの人数が分かったら、一人1000円×人数分を封筒に入れておきます

お年玉に使うポチ袋でも構いません。

てらこ
てらこ

大事なのは中身ですが、裸で渡すのもアレですので(渡したことあるけど)

全員のいる前で一人ずつ渡す

大事なのがここ。必ず全員がそろっている前で一人ずつ渡すことです。

スタッフさん代表して一人にまとめて渡すとか、現場リーダーっぽい人にまとめて渡すのはオススメしません。

あまり考えたくありませんが、特定の人にまとめて渡すと、一部の人だけがポッケナイナイしちゃう可能性があるからです。

こちらは全員分用意したのに、立場の弱い下っ端さんには渡ってなかった…という事態は避けないといけません。

なので、作業前にささっと全員に手渡しするのがスマートです。

引っ越しの心付けは飲み物もいい

うっかり心付けを用意するのを忘れてた!という方は、近くの自動販売機で飲み物を買ってくるのも手です。

引っ越し作業がひと段落したら配れるように、作業前には用意しておきたいですね。

ペットボトルのお茶がベスト

ペットボトルのお茶なら

  • 種類がたくさんある
  • 飲めないという人がまずいない
  • 蓋つきなので飲み切る必要がない

箱買いして当日自分たちの水分補給用にも用意しておくと、安上がりですね。

缶飲料は避ける

コーヒーやジュースなどの缶飲料は避けた方が無難です。

ペットボトルと違い、一度開けると基本飲み切るほかありません。

また、味の好みがあったり、汗をかいた時の水分補給としてはコーヒーやジュースはかえってのどが渇く気がします…。

てらこ
てらこ

コーヒーには利尿作用もあるので、作業中に催したら申し訳ないね

あったかい飲み物は避ける

寒冷地ならわかるんですが、あったかい飲み物も避けた方がいいです。

引っ越しシーズンってまだ寒い時期がメインですよね。

なのでつい「寒い中頑張っているのだから、せめてあったかい飲み物でゆっくりして欲しい」と思っちゃうんですが、よく考えてみてください。

引っ越し業者のスタッフさんは冬でも薄着の人が多くないですか?

それだけ動きまくって暑いのだと思われます。

そんな時に水分補給として熱々の飲み物は飲みづらいと思うのです。

私がもしスタッフさんだったら、ありがたいけど飲みにくいかな…。

まとめ:心付けはあくまで気持ち

メインは引っ越しなので、心付けは必ずするものでもありません。

心付けがないからといって、スタッフさんの作業がテキトーになるわけでは決してありませんし。

あくまで引っ越しをスムーズにするためのほんの気持ちですね。

スタッフさんだって人間だもの。

わが家は気分よくお仕事してほしいのでお渡ししてます。

スタッフさんへの感謝も忘れずに、引っ越し作業をこなしていきましょう。